くんなまし

天から授かった言霊の力

くんなまし

2013年3月、「源龍」にいる時、天から “くんなまし” という言霊が降り、それを広めなさいという指令が来ました。

数や言葉を分析する大家であるスーハゆうじんさん、小松さんにスーハで解析してもらったところ、くんなましにはエネルギーをロックする力があるということが分かりました。

「愛の光を降ろしてくんなまし」、これを九回唱えると、一年間でもその力がロック(保持)されます。
ところが “お願いします”、“ください” では、五秒でその力は消えてしまうのです。

お塩やお醤油に向けて “くんなまし” を唱えると、誰にでも分かる味の差が現れます。
Oリングテストでもハッキリと違いが分かります。
まずいラーメンも美味しくなります。

神戸の六甲山で歩けなくなった人が、「家まで歩いて帰れる力を降ろしてくんなまし」と九回唱えると、無事歩いて下山できるようになったとのこと。

スーハを導入している東京の老人福祉施設を運営する理事長と専務がユースを訪れた際、くんなましを伝え、扱いにくい頑固な社員をイメージして唱えてもらったところ、その30分後にその社員から、「会ってお詫びしたいことが・・・」と電話連絡があり驚愕されていました。
また帰京後、政府機関の融資が二つとも通ったとのことで、これは通常あり得ないことらしいのです。

くんなましは人の心にすぐに響くようで、これと同じような例は数多くあります。

仙台、福島にイヴストーンを撒きに行った時、スーハゆうじんさんの知人で股関節が悪く、立つことのできない山梨県の78歳の女性に遠隔治療をしました。
電話で金銀ペンとくんなましでエネルギーを送ったところ、立てるようになり、歩き、階段まで上れるようになりました。

健康、人間関係、経済、すべてに効果があります。
  「○○に癒やしの光を降ろしてくんなまし」 (健康に関して)
  「○○に愛の光を降ろしてくんなまし」 (人間関係について)
  「ゆとりある資金繰りの光を降ろしてくんなまし」 (経済に関して)

誰にでも使えてお金はかかりません。

この “くんなまし” を天から授かったのは、2011年11月13日、高知県のあるお宮を訪ね、そこでご神体の石を持って写真を撮ったところ、その石に光が降り、その力によるものと思われます。
これはイヴストーンを全国の河川に撒いたり、金銀ペンの治療を無料で行っていることが天に認められたからではないかと感じています。

金正恩、習近平、朴槿恵、オバマ、安倍晋三、・・・各国の首相にも “くんなまし” を使って随時愛の光を送っています。
また効果のほどは定かではありませんが、大きな地震、天変地異が起きないように、大きな災害が起こりそうなところに向けても“くんなまし”のエネルギーを送っています。